ロングステイ体験記NO6

ニュージーランド南島編
平成14(2002)年4月7日〜5月29日[53日間]


思えば今回の旅は日本の旅行会社が主催するパックツアー『秋のニュージーランド』のパンフレットがきっかけでした。その表紙を見た瞬間、妻は《もう一度ニュージーランドに行きたいッ》と叫んでいました。そこにはワナカ湖畔のまっ黄色のポプラと真っ青な空、遠くの白い雪山が水面に見事なコントラストを見せた1枚の美しい写真があったのです。
パンフレットと同じ構図の写真【ワナカ湖】


その風景を求めてニュージーランド南島をレンタカーで2週間3600km走り回りました。


クライストチャーチ大聖堂 クライストチャーチ博物館

のんびりゆったり観光トラム 美しいエイボン川

クライストチャーチを出発したのが4月12日、少し黄葉には早いかな?と思ってまずはアーサーズパスの峠を越えて南島の北半分を回り、ネルソン、ピクトン、カイコウラから再びクライストチャーチを通ってテカポ湖に着いたのが4月16日でした。
『善き羊飼いの教会』は黄色と緑の樹木とコバルトブルーの空が私たちを迎えてくれました。
次に尋ねたワナカ湖畔のポプラは、もうこれ以上のタイミングはないだろうというほど黄色が燃えてまるでパンフレットの写真の中に溶け込んだような見事さでした。
今年の秋のニュージーランドは平年より半月ほど季節が早く移り変わっていましたので、私たちがワナカを訪れた4月中旬は正に黄葉最盛期だったのです。
ニュージーランドには葉が赤くなるカエデやハゼといった木はほとんどないので秋は黄色一色の黄葉です。それもほんの1週間か10日ぐらいの期間なので1ヶ月以上も前から予約するパックツアーではなかなかタイミングが難しいのではないかと思います。
ワナカ湖畔 道路を横切る羊の群れ


南島の背骨部分を縦断するこのルートはアルプス街道と呼ばれています。最大の観光地マウントクックやクイーンズタウンからフィヨルドの美しいミルフォードサウンドまで自然が一杯でこれぞニュージーランドというほど美しい風景の連続です。クライストチャーチから南側の東海岸はペンギン街道、北側の東海岸は鯨街道と呼ばれ、イエローアイドペンギンやマッコウクジラ、イルカ、アザラシ、アホウドリ、キーウィなどの希少動物たちを手の届くぐらいの近さで観察することが出来て感激ものです。


カイコウラの鯨観光船 マッコウクジラに手が届きそう
マウントクック3754m イエローアイド(黄頭・キガシラ)ペンギン



ニュージーランドではちょっとした町には大抵設備の整ったモーテルがあり1泊1室2人で80ドル・4800円ぐらいで泊れます。すべてのモーテルはキッチンつきです。小さな町にはレストランなどはほとんどありません。日本のように街角に自動販売機もなく《マア何とかなるだろう》と軽い気持ちでドライブに出かけたらほとんど食事にはありつけません。そこで仕方なくバターやジャム、マヨネーズなどといったものは小さな箱に入れて持ち歩き大きな町で買い整えたパンやハム、卵、マグロの缶詰『ツナ缶』などで毎朝サンドイッチを作ってのドライブです。


日本と同じ左側通行で快適ドライブ 毎日これだけ持ち歩き昼食を作る

去年10月に北島に行った時には1ドル50円の換算でしたが今回は2割も高い1ドル60円でした。ニュージーランドの経済は今とても堅調に成長しているのだそうです。それでも特に食料品を中心とした物価は日本のおよそ半額程度ですのでとても住みやすい国です。
ただし半年前にはなかった身代金目的の誘拐や銀行強盗、殺人、麻薬の密輸入、若者の車の暴走、発砲事件など殺伐としたニュースが毎日テレビで報じられニュージーランドの安全神話も崩れかけているのかなと心配になりました。

この国の良いところを3つ挙げて見ましょう。
@土地・家屋・自動車・高価な家電製品・高価な家具類を除いたほとんどの商品の消費税(GST)が内税、食料品は消費税なしなので《取られた》感がなくて済むこと。
A高級ホテルと高級レストラン以外ではチップの習慣がないこと。
B国中どこの町の水道も生水が飲めしかも美味しいこと。
レンタカーツアーの後はクライストチャーチで5週間生活しました。モーテルの経営者が別棟で長期滞在者に貸しているマンションで、キッチン、洗濯機、掃除機までついた清潔なワンベッドルームです。電気、水道、加入電話や税金も込みで1週間400ドル、1日当たりにすると日本円で3300円勿論2人でこの値段です。
最近の私たちの外国旅行は如何に安く上げるかを第一に考えて予定を作っています。今回の53日間の総費用は岡山の自宅を出て帰宅するまで航空運賃やレンタカーの代金、日本の国内移動の費用も帰国後の写真の現像引き伸ばしも一切合財を含めて2人で68万5000円でした。
日本で生活するのに少し足せば外国ででも楽しい生活が送れるものです。
この3年ほど旅行の際の航空券は日本航空の前売り悟空という正規割引航空券をインターネットで購入しています。これにはマイレージサービスがあり、旅行した距離の70%のマイルが獲得できます。3年間の累計で各種の特典と引き換えることが出来ます。
平成12(2000)年の春からヨーロッパ2回、カナダ1回、ニュージーランド2回の合計5回の旅行で55000マイル溜まりました。これでヨーロッパ往復無料航空券が手に入ります。来年は気候のよい時期にぜひタダでヨーロッパに行ってこようと思っています。


参考リンク
KIAOLA MAIL・・メールマガジンも読めます

Jason's Accommodation・・宿探しのバイブル(英語版)


▲ページの先頭へ


トップページへ戻る


【ロングステイ体験記の書棚】へ戻る


inserted by FC2 system